こころの病を乗り越えて「一度きりの人生」を変えましょう!-YOLOCOBIブログ

一度きりの人生(YOLO)、「こころの病い」と闘う人へ元気とヨロコビを。

脳の専門家たちから学ぶ -- 第1回:青砥瑞人氏

こんにちは。

 

 

 

今日は私が身体表現性障害を克服するうえで、たくさんの本を読んできました。

それをきっかけにして「脳」のもつ不思議な世界にも惹かれて行きました。

今回は、私が印象に残った、そんな脳の素晴らしい専門家たちを、

少しご紹介したいと思います。

 

◇DAncing Einsteinファウンダー CEO
青砥瑞人(あおと みずと)氏

この方を知ったのは、実は偶然Facebookでこの方のセミナーの情報を見つけ、

非常に面白そうでビビっときて、突然ながらセミナーに飛び込むように

参加して知りました。

 

本人とは直接面識があるわけではないのですが、

非常に感銘を受けたので、敬意を込めてご紹介します。

 

青砥氏は、

学生時代に脳神経細胞の不思議に取り憑かれ、それを学ぶために高校を中退

飛び級で最先端の脳科学が学べる、米国UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ行き、同大学神経科学学部を卒業。

帰国後、2014年にDAncing Einsteinを設立。

自称"ニューロマニア"。

 

[現在]

ドーパミン(DA)が溢れてワクワクが止まらない新しい教育」の創造を目指して、

さまざまな活動を行っているそうです。

現在の会社では、脳神経科学を、教育や人材育成などのヒトの成長を支援する分野へ

応用する、世界でも希少な企業活動を行っており、また、「脳神経科学x教育xIT」

の掛け合わせて世界初の「NeuroEdTech」という分野を開拓中とのこと。

(素晴らしい脳科学ベンチャー企業です)

 

かれのセミナーの話は終始、大変興味深い内容で久しぶりに楽しかったんですが、

特に印象に残っているのは、

「ストレスには、いいストレスと悪いストレスがある」

ということ。

私はこれを聞いて、「いいチャレンジをしていいストレスを作ろう!」

と決意しました。

 

Mindfulness (マインドフルネス)は単なる呼吸方法と誤解されがち。

大切なのは、自分の脳の内部を意識をすること。 

 

【KeyWord:  CAT】

C = Concentrate 集中

A = Awareness  気づき

T = Turnback  呼び戻す

 

20代の若者でとおもいますが、素晴らしく聡明な方で、

先日のForbes Japanの記事にご興味があればどうぞ。

 https://forbesjapan.com/tir/interview/aoto/01_01.html

 

また、青砥氏のHPはこちら。

http://da-einstein.com/

 

NeuroEdTech」という新しい分野で、「神経科学xを教育xIT」 で学習に応用をしよう

という、新たな試みをしているようです。

また、凸版印刷が青砥氏と業務提携したり、色々と新しいことを仕掛けようとしている

ようですが、詳細はわからないので、もっと知りたいところですね。

 

近い将来、注目されて彼の活躍を期待したい、応援したいと思います。

 

こころの病いをきっかけに脳の世界を知りましたが、

「脳神経科学(Neuroscience)の世界」は、とっても奥深くて、

知れば知るほど人間の無限の可能性を感じます。

 

You Only Live Once