こころの病と闘いなから「働き方をかえる」!YOLOなダイアリー

一度きりの人生(YOLO)、私同様に「こころの病い」と闘う人へ。

折れない、しなやかなこころを持つ

こんばんは。

平昌オリンピックで毎日盛り上がっています。

選手達の活躍する姿を毎日楽しく観ながら、一方で、選手達は四年に一度の大一番、もの凄いプレッシャーと緊張の中で闘っているんだろうなぁ、と感じます。

そんな中、今回も下馬評が高くて金メダル候補といわれていた選手達が予想外の結果に終わってしまったこと。でも、試合後のインタビューで、すがすがしい笑顔で話しているのをみて、なんだかホッとしました。

実際、本人達の心境がどうなのか?真相はわかりませんが、結果はどうあれ、自分なりにベストを尽くしたからなんでしょうね。

 

ところで、スポーツに関わらず、仕事でも受験でも何でも、「勝ち・負け」「成功・失敗」「達成・未達」「合格・不合格」、様々な局面で、"結果"が伴います。

 

勝敗や合否、評価、優劣をつけるのは、競争の世界(社会)において、人間の成長を促す意味では必要なこと。そして「敗者」がうまれてしまうのはやむを得ないことです。

 

 また、結果を求めるがあまり、プレッシャーやストレスを感じたり、メンタル的にツラくなることは誰しもあると思います。

よく「メンタルを強く」「自分に克つ」「不安に打ち勝つ」はいうものの、人間、そんな簡単に自分のこころをコントロールするのは容易いことではありません。

人間誰しもが、そんなに「強いこころ」を持っているわけではないと思います。

 

今、こころの苦しみを味わっている人、

失敗を味わった人、

勝負に負けた人、

劣等感や挫折感を味わっている人、

仕事や家庭でツラい毎日を送っている人、

そんな方へ伝えたいことがあります。

 

それは、

「このつらい瞬間は、自分の長い人生で考えたらほんの僅かなひとときでしかない」ということです。

 

「自分は負け組だ」とか、「人生おしまいだ」と考えてしまう瞬間があるかもしれません。今これを読んでいる方はそういう気持ちでいるかもしれません。でも、自分に対してそんなに劣等感や悲観的に考えないでください。

 

人生なんて、苦労や困難、失敗の連続です。

大切なことは、
今のつらい現実を真摯に受け止めて、「そこから学ぶ気持ち」「自分を信じること」「前へ向こうとする姿勢」だと思います。

 

ドン底からでも、諦めないで、少しずつでもいいから這い上がろうと努力し続ける。そうすることで、こころが磨かれる。ひとりの人間として成長できる。

 

だからこそ、小さな成功が、大きな幸せに感じることができるんじゃないかと思います。

 

 

人にはできること、できないことがある

他人と比較しない、自分は唯一無二の存在

今、自分ができることに集中する

結果はあくまで神が決めること

できなかったことは仕方がない

結果よりも頑張っている過程が大切

 

もし、今自分のこころが折れそうになっていたら、

木の枝を想像してみて下さい。

 

枯れた木の枝だったら折れてしまうかもしれません。

でも、枯れていない木の枝は、きっとしなやかにバネのように跳ね返ってくると思います。

 

こころも同様です。

 

気持ちが枯れるか枯れないかは自分次第。

こころが枯れていなければ、きっとバネのように跳ね返って力強く戻ってくるはず。

 

全ては自分のこころ次第。つらい自分にあきらめないで、自分を信じてみましょう。

 

私は最近、「自分への挑戦」に残念ながら失敗してしまいました。

でも、挑戦した自分を褒めて、自分を信じて、また立ち上がろうと思っています。

 

「失敗なんて、長い人生のほんのひとときなんだ」と思いつつ、自分を信じて、自分の可能性を信じて、また自分に挑戦して、いつか、こころの病いを克服したい、逆境を乗り越えてゆきたいと思います。

 

人生は一度きりですからね。。

You Only Live Once.