こころの病と闘いなから「働き方をかえる」!YOLOなダイアリー

一度きりの人生(YOLO)、私同様に「こころの病い」と闘う人へ。

脳(こころ)が障害でも人生大成できるかも⁉︎

こんにちは。

 

今日は、たとえ脳(こころ)が障害になっても、まだまだ十分に大成できる可能性を秘めているんじゃないか、という発想です。

 

自閉症の人に天才が多くいる話しはよく聞きますが、今日はそういう話しはしません。あくまで、私自身の独断と偏見?な考え(思いつき)を話したいと思います。

 

ここ二年ほど、こころの病いになってからというものの、変な思考のクセがついているな、と感じます。それは、ひとつのことを考え始めると、変にこだわりが強くなって考えていることに固執しすぎるようになったことです。

多分、不安という情動が繰り返して不安障害になっているように、今の私の脳の思考回路はある情動や思考が始まると、いい意味でも悪い意味でもそのことを考えることに無意識に夢中になってしまうようになりました。

(正しくは「思考のこだわりが止まらなくなる」、という表現の方が適切かなと思います)

 

最初は自分がこころの病気になった時。

自分の病気がすごくよくわからない、理解できなくて毎日毎日インターネットで調べ、さらには休職中にも、毎日図書館に通っては自分の病気のことが気になって気になって仕方なく、来る日も来る日もこころや脳のことについて買いてある本を読み続け、気がついたら、雑誌も含めてその関連本だけでも多分100冊以上は読んだんじゃないかと思います。

 

つまり、それくらい不安と気になることが、私をそういう行動に変えていたわけです。

 

半分気狂いじみているようにも思いますが、仕方ないんです。そうでもしないと不安が解けないんですから。

 

ただ、そこでふと思ったのは、逆転の発想で考えると、これほど止まらない情動と集中力を前向きに考えたら、なんかすごいこと(もちろんいいこと)をやらかしてしまえるんじゃないか?と思いつきました。

 

最近はこころの病気がきっかけで、脳科学とか心理学的なことに興味を抱く(というか止まらない)状況です。

 

「情動が止まらない」って、なんだか頭おかしいみたいですけど、私、別に変じゃないですよ。

ただ、そういう好奇心が恐ろしいくらい芽生えて、止まらないだけです。

 

こんなことって、私だけですかね?

不安障害になる人とか、なんか私と同じような思考回路になってもおかしくないようにも思えるんですよね。だって不安なんですもん。

 

それにしても、そういう視点から考えると、

精神疾患の人が大成しているのは何だか理解出来るような気がします。

 

ただ脳(こころ)が障害でも、鬱みたいにやる気に影響してしまうと助けるのが難しいので、なんとも言えませんが、私程度なら精神疾患の人なら障害を持ってもまだ大成できる可能性ってあるんじゃないんですかね。。。

 

不安な情動が、時に恐ろしい「集中力」を生んでしまったりして。ものすごい大成するような大仕事をしでかしてしまったりして。
(ちなみに、今の私、完全に妄想状態(笑))

 

ああ、こんな深夜に思いつきでずいぶんと変な自論を力説してしまいました。

 

ま、いっか。。。

というわけで深夜の戯言でした。

 

たまにはいい加減でごめんなさい!

人生一度きりなんで。。。

 

You Only Live Once.