こころの病と闘いなから「働き方をかえる」!YOLOなダイアリー

一度きりの人生(YOLO)、私同様に「こころの病い」と闘う人へ。

心配性?安定志向?ー不安になる私から卒業しよう

こんばんは、やっと週末になって楽しい気持ちで今日もブログを徒然なるままに書きたいと思います。

 

最近、家族の病気でいろいろ大変あり、不安な日々と仕事に追われてあっという間に1か月経ちましたが、おかげで最近また不安障害の症状が再び出てきてしまいました。

それに加えて、最近睡眠が浅くていやな夢にうなされることが度々あり、朝になると頭が重い&痛くなってしまい、今週二回も昼出社になってしまいました。。(やや凹み気味)

幸い、会社の上司、同僚が適当に見過ごしてくれていて、一応仕事の成果は出せているので、まぁ気にせずマイペースにやろうかな、と思います。

といいながらも、気がついたら結構頑張ってしまう性格なんですが(苦笑)。

 

さてさて、長い前置きはさておき。

今日は、身体表現性障害で不安症状の私が、何故「不安」になる自分になったのか?どういう心理状況でいたのか?自分の人生を振り返りたいと思います。

 

まず、私について自己分析。

◇普段の私

・血液型A型で、細かいところで几帳面

・最後までやらないと気が済まない、すべてにおいて手が抜けない(要領悪い)

・普段は深く考えないくせに、人生についてはえらく安全志向

・綿密に計画を考えてしまうタイプ

・人間関係はバランスと和を重視するタイプ

・仕事は生産管理的な業務

◇スポーツの時の私

・野球ではホームランよりバントタイプ

  (ずっと1,2番バッターでした)

・点を決めるよりしっかり守って攻撃の起点になるのが好き(ホッケーでもポジションはずっとDF)

◇夫としての私

・いつでも温和なタイプ

・ほのぼのとして安定した家族を目指している

・金遣いは緩めなくせに、貯蓄やライフプランだけはやたらと気にしがち

・本当は自由奔放な次男なのに、「家族の為に」という意識が強くて、自己犠牲を厭わない

(趣味や飲みは決めたら勝手にやっちゃいますが^^;)

 

なんか、これ見ただけ書き出しただけで、不安障害の症状になるのは容易に想像できますよね(苦笑)。

 

実際に、仕事は気がついたらディフェンシブな職種(生産管理)についていましたし、また会社でも長いスパンで安定したキャリアを目指して転職もしました。

何故自分が転職をしようと思ったのか?を考えた理由も、結局は「たぶん安定しないんじゃないか?という将来」に一抹の不安、危機感を感じたからです。学生時代、順調に文武両道してきた私だったので、それまで大きな挫折をした経験がなかったですし、社会人でも同じように安定を求めていました。

 

不安の反対は安定。つまり不安症な人は元来、安定志向なんでしょうね。

 

また、今の仕事で仕事のストレスでカラダがおかしくなった直接的な原因も、

・品質トラブルを起こさない事を最重視していた

・メールを最後まで見ないと不安になった

・信賞必罰(規律や要求、追及)の厳しい企業風土の会社にいて、周りに仕事のプレッシャーやミスでこころの病いになって倒れていく同僚を数々見て、「自分だけ絶対そうなりたくない」と非常に恐れていた

 

つまり、元々の性格が安定志向なことに加えて、仕事での失敗やリスクを恐れるがあまりに、非常に心配性で守備的な考え方の人間になってしまい、気がついたら、上司からもらえるチャンスを自ら断ってしまうような、とてもおかしな思考回路になってしまっていました。本人的には病気になる40手前にすごい人生の踊り場に停滞している感覚を感じながら生活してしまいました。

(これ以外にも睡眠不足やら、病気になる副次的な原因もありますしたが)

 

結局、こころの病いになりたくない自分が、本当にこころの病いになってしまったのは、とても皮肉な話です。

 

でも、今回の失敗経験(挫折)を通して考えたこと。

それは、

・私の「安定志向」の考え方は卒業しよう!

・将来の安定よりも「未来への希望」を考えよう!

・自分の人生で生きてきた証を作るための「ホームラン」を狙っていこう(三振したっていいや)!

・「すべきこと」より「やりたいこと」をやろう!

・DFだって攻撃して点取ろう!

・リスクをとるくらいチャレンジしよう!

・今の会社を辞めてもちゃんと稼げるようなスペシャリストになろう!

・自ら変革を興す、チェンジメイカーになろう!

 

とにかく「安定を求める自分」から卒業しようと、強く決心しました。

 

今回、こころの病いになって以来、どうしたらよくなるだろう?と毎日考えているうちに、最近脳に関すること(脳科学や心理学)に凄く興味を持っています。そして最近、自分でも不思議なくらい貪欲なまでに読書欲があり、毎日脳科学について学んでいます。

学んでいて気づいたのは、こころの障害って結局は、性格(考え方)から変えていかないと本当の意味で良くならない、ということです。

 

思考のくせは誰しもあるので、なかなか変えるのは簡単ではないですが、情熱(パッション)があれば必ず成し遂げられると信じて、不安になる自分から卒業したいと思います。

 

巷では、40代のビジネスパーソンには将来がない、ように扱われがちですが、そんな世間の既成概念も変えられるくらいにいこうかな。。

 

皆さん、人生一度きりですよ。やらずに後悔するならやって後悔する人生を目指したい!

You Only Live Once.