「働き方」をかえる!こころの病と闘う会社員YOLO-CO-BIの日記

一度きりの人生(YOLO)、同じ境遇の人達を勇気づけられる人間を目指します

「0→1」なことをやろう!

こんにちは。

今日は「0→1なことをやろう!」について、

今年の年初に久しぶりに年間計画をたててみたのですが、約半年経ってちょっと振り返ってみたいと思います。(昨年の休職中に図書館通いの毎日の時、「働き方を変えてみよう!」と考えてみた計画の進捗状況です)

 

ちなみに「0→1」っていうとビジネス的には

”起業(スタートアップ)”

”新しいビジネスの仕組み構築”

”顧客を創造する”

ことだったりしますが、

まず最初に私が設定した「0→1」はハードルを少し下げて、仕事や家庭生活のスキマ時間で、商売関係なく「とにかく新しい価値を創る」ことにしました。(以下)

 

1) ”自分” ブランド、「2つ目の名刺」を創る

  ・初めての新しいことに挑戦する

  ・自分の本質、価値を理解する(売り込み)

  ・情報発信する

(ブログ週1。FB主体。ワードプレスが最終形)

  ・自分名刺をちゃんと完成させる

 

2)「0→1」インプット(自己啓発、投資)
  ・新しい面白い価値を見出してみる

  ・新しい資格を取る(職歴、趣味とつなげて)

  ・普段と違う新しい知り合いに出会う

     (新しい考え方や価値観を知るため)

  ・読書   年間100冊  

 

3)「0→1」アウトプット(成果)

   ・顧客(ファン)を創る

   ・新しいことを誰かと共創してみる

     (顧客なら、ボランティアでも何でもOK)

   ・目標: 年収 20万円(非課税)

     できれば嫁も利用して最大限非課税で収入獲得!

 

ちなみに前提は、

  ・サラリーマンだから(公に)副業はできないが、

時代の流れを想定して、今から準備しておくべき。

  ・自分の障害の治療として、仕事モードにならずストレスフリーで楽しく自由に、無理し過ぎない。

(「忙しい」は禁句でやる)

  ・金はかけないように努力する

   (交際費(飲み代)が一番かかりますが笑)

 

起業ではないので、あくまで自分にない新しいことを創造する意味での「0→1」、そして何でもいいから躊躇せずすぐやる、やりながら修正する、という意識でやってます。

ちなみに、時間も限られるため、いろいろやりながらも一方で、やるべき労力への取捨選択や人との付き合い方のスタンスなど、「修正する」作業が必要になります。

こういうことも含めて半年やった振り返り。

 

◇自己採点:50点(まあまあ)

◎良かったこと
充実して楽しく、とにかく人脈が広がってきた

・(メルカリだが)売上ができたらヤル気がでた

・「経営者マインド」の意味が何となくわかった

・以前より商売を考えるようになり、スキマ時間を使う癖がついてきた(無駄な時間が自然に減った)

自分の売りや発信する習慣(意識付け)ができてきた

 

△反省点

顧客(ファン)を創る難しさ、稼ぐ難しさ

  (これが一番大変、一朝一夕ではできない)

やるべきことを絞るべき

・具体的な実績(情報発信できるネタ)作りが大変

    →労力がかかる

・無駄な出費を減らすべき(特に飲み代)

・朝時間が有効利用できていない(病気もあり)

 

◆やったこと

○メルカリで出品(断捨離兼ねて)

○ライフキネティック公認トレーナーへ
(ドイツ発の脳トレ×運動メソッド )

○大学ゼミでOBとしてプレゼン実施、大学運動サークルの同窓会サポート(仕切り)→FBネットワークを創りあげた

○6月現在  読書40冊位(予定通り)

○大学同窓会イベント委員に(〜10月本番)

△サッカーを始める、地域のネットワーク作り

?外国人ネットワーク(スポーツイベント)に参加

△社外人脈づくり

 

◇今やっていること

○仕事の品質管理士の資格取得の勉強

インラインスケート資格、これから。

  (最終的にはインストラクターが目標)

 

❌できていないこと

・顧客やファン作り

(友達や知り合いが増えたから、Xではないが)

・中国語の勉強(HSK5級、年内受験)

・メルカリ以外で稼げそうな活動

(ボランティアでもいい)

・共創的な活動、コラボイベント開催(プレゼン)

 

実際にやってみると、

特に「顧客を創ること」の難しさ、お金を払ってもらうまでの難しさ、言い換えると”商売”が絡むと、いろいろな意味で人に対してのハードルが一気に上がることがよく分かった(本当の商売人はこんなこと感じないんでしょうね)。

 

やはり、お金を頂けるようになるには、当たり前ですが、自分を信頼してもらうこと→顧客を創ること→「人の役に立つ」「お金に値する価値を提供する」ことまで地道な活動が必要です。

 

ICTを活用して効率良く、とかアプローチはあるでしょうが、私は商売とかあまり深いこと意識せずに、色々な友達〜人とのつながりに触れながら、気楽にいきたいと思います。

 

少なくとも、かのピータードラッカーユニクロ柳井正氏のいう話(=顧客を創造する)が、リアルに理解できただけでも一歩だけ前進したかもしれませんね。。

はっきりいってまだまだですが。。。

 

また、自分を振り返りたいと思います。

 

人生は一度きり。

You Only Live Once.