読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「働き方」をかえる!こころの病と闘う会社員YOLO-CO-BIの日記

一度きりの人生(YOLO)、同じ境遇の人達を勇気づけられる人間を目指します

「こころ」の病気はシンプルに軽く捉えよう

今日は天気もいいので、少し気を抜いたモードで。

 

最近私がよく心がけていること。「こころ」の病気を深刻に考えず、できる限りシンプルに、軽く捉えるようにしています。

 

特に病状が悪化して『大丈夫かなぁ』と気にし始めた時ほど、病気のことなんて気にせず、『体調の波があるから少し休んだらよくなるさ〜』くらいに軽く流して考えるくらいの方が、悪い状態が止まるのがこの病気なんだよな、とつくづくわかってきました。

 

「こころ」の病気って結局、何かがきっかけで脳が正常に反応しなくなった、とか思考に変な癖がついてしまった、とかいう病気なので、考えれば考えるほど負のスパイラルにはまっていってしまうだけなんです。

だから、私と同じように毎日苦しんでいる人がいたら、いち早くそれに気づいて、そんなに深刻に考えずに是非軽く考えてもらいたいな、と思います。

(そう言われても、なかなかそうなれるわけないじゃん、って気持ちもよくわかりますが (^^;  )

 

 ちなみに、私が会社の産業医の方から聞いた話でとてもわかりやすかったことですが、人間の脳をパソコンに例えるととってもシンプルに理解できると思います。

 

例えば、、

・毎日大量の仕事に追われて、あれもこれもせわしなく頑張りすぎてたら、急に朝起きられなくなって会社に行けなくなってしまった

(=たくさんのソフトを同時に起動して作業してたらパソコンが突然フリーズして正常に起動しなくなった)

・毎日夜遅くまで長時間残業したり、不規則な生活や睡眠不足にしていたら、気持ちがうつ状態になってしまった

(=ノートパソコンを立ち上げっ放しのまま閉じて強制終了ばかりしてたらパソコンがクラッシュ(壊れて)しまった)

 

逆に良い例だと、

 ・十分な睡眠の後に頭がスッキリした状態

(=パソコンを正しく再起動した後に無駄なメモリが使用されてなくて、パフォーマンスがいい状態)

・仮眠してから午後に仕事したら何だか仕事がはかどった(=デフラグを実行したら、処理速度が上がった)

みたいに考えられます。

 

人間の脳は単純なんで、無理したらしわ寄せがくるんです。だから疲れたら休む、あれもこれもしないでシンプルな生活を送る、規則正しく良く寝る、というように、シンプルにやればいいだけなんです。

 

時には人からの誘いやお願いを断ったり、無駄な仕事をやめたり、できないことは人にお願いしたり、完璧主義をあきらめて80%でいいや、と考えたり。

 

そんなふうに、全てシンプルに軽く捉えていけたら肩の荷が下りて楽になるかな、と。

 

なんていいながらも、これを書いている時点で私も既に自分で自分を忙しくしてしまっているような。。。(笑)

 

人生は一度きりなんで、肩ひじ張らずいい意味で適当なくらいで、楽しく気楽に生きましょうね。

 

 

You Only Live Once.